メニュー

指導理論 ~進学会の学習指導の考え方

継続は力なり=フィードバックシステム 「継続は力なり」は進学会の理想のみを表した言葉ではありません。 努力し続けることは難しいことです。しかし、継続を避けては何も得ることはできません。 進学会は子どもたちが継続して努力できるような仕組みを生み出しました。 全ては第一志望校合格のために。そして子ども達の夢をかなえるために。 進学会は学習効果をフィードバックシステムで最大化します。

フィードバックシステムを活用した学習システム

継続授業

学校の先取り学習を行い、 予習→授業→フィードバックテスト→復習と何度も繰り返して学習するので、知識・学力の定着が図れます。

フィードバックテスト

学校の授業内容とも一致しているので、定期試験対策にも大きく活用できます。

講習会

現段階までの知識を総復習し、 忘れかけた知識を繰り返し学習することで学期・学年単位での知識が確実に定着していきます。

進学会の新しい取り組みを紹介します。

継続授業のコースがさらに進化、コース名も新しく

 進学会は継続授業の内容をさらに進化させます。 従来の「学習計画表」をさらに充実させた「Study Pranning」や意欲喚起講座「みらい」を中心とした『コーチングシステム』(下記)で 皆さんの学力を一層高めていきます。

 指導システムの拡充に伴い、従来の継続授業のコース名称も変更になります。

コース名マスターコースセレクトコース
<試験選抜>
エクセルコース
<試験選抜>
コース概要 各地区の公立高合格を目指す。小・中学生の多くが通う、基礎~応用レベルの学習を充実した標準コース。(旧進学コース) 各地区の公立高・上位高合格を目指す。基礎から応用までバランスよく扱うコース。(旧特設コース) 全国各地のトップ高の合格を目指すコース。応用力の養成を充実したコース。(旧超特設コース)

コーチングシステム

 「自ら学んでいける力」をつけるための進学会独自のシステムが、「コーチングシステム」です。 学校の勉強、塾の勉強、そしてこのシステムを通して「自分自身で学ぶこと」が一体となって学力が飛躍します。 また、自らの主体的に努力することで、目標を達成する喜びを感じてほしいと考えています。

[小・中学生]スタディプランニング
(Study Planning)
[中1・中2生]学習意欲喚起講座
「みらい」
 学習計画表。普段のものと、定期テスト対策用のもの、週間計画・月間計画など、そのときの必要にあわせて、中期・短期の学習計画を立て、各教科専門の講師が、計画自体を確認し、実効性を高めていきます。 なぜ勉強するのか? 今の勉強は将来の役に立つのか? 勉強を進める苦しさは、様々な疑問も生み出します。学習意欲喚起講座を通して、「学ぶ意味」を知り、学習意欲を引き上げます。同時に、自分の将来のイメージを高めていきます。

継続授業の
フィードバック
システム