大学名だけでは学力ははかれない。「学力の正確な判定」から、人事採用の成果向上へ。SATがお手伝いします。

SAT誕生の背景

2002年度より始まった「ゆとり教育」。それから10年が過ぎた今、いわゆる「ゆとり世代」が次々と社会に進出しています。2014年に四年制大学を卒業する新社会人の大半は、小学5年生からゆとり教育を受けてきた世代です。そのような採用環境の中で、人事採用部門の方から、既成の採用学力試験では出来・不出来の差がつかず、学生の能力を適正に判定できないという悩みがありました。

進学会は創立から40年、小中高一貫指導の学習塾として自社でテスト・テキストを作成してきました。その膨大な学習用問題コンテンツとテスト処理の技術に期待され、数社の人事採用担当者様からのご要望にお応えして「新入社員採用問題の作成」を行ってきました。そこで、実際の導入企業様からたいへんな好評を得たため、進学会オリジナル採用試験問題「SAT」として、ご紹介することとなりました。

SATの特徴SATで人事採用の悩みを解決

1 複数企業受験者は「同一問題」に当たる?
進学会の膨大な「テスト問題」コンテンツをもとに、各企業様向け採用試験問題をご提供するため、多数企業の採用試験を 受験する志願者が同じ問題にあたって有利になるといった採用試験の不公正さを解消できます。
2 採用試験、質を高めてコストダウン?
SATは、多くの企業様にご利用いただきやすい価格に設定しています。一方、試験内容は、各企業様のご要望にお応えする仕様で、試験実施企業様が採用対象者に求める知識・学力の到達度が正確に判定され、採用の成果向上が図れます。
3 自社向きの人材を発掘「専用の採用問題」?
かつての「終身雇用制度」による長期安定雇用・長期研修の時代と異なり、現在は入社後短期で仕事の成果が求められる時代。採用時に各企業様が求める知識を入社前に測定することで、「即戦力」の社員採用にSATが有効です。
4 試験問題のレベルや分野を自社向けに?
4年制大学卒業者はもちろん、短大・高専・専門学校生や高校卒業者などの対象別に問題を構成でき、また採用の職種に合わせて必要な学力を測定することができます。従来の「被験者の差が見えない」試験から脱却できます。
5 試験結果のデータ処理の速さ・信頼性は?
実施後の処理は最短で7日(ご相談)。迅速なテスト処理により、採用の充分な検討時間が確保できます。また、 「進学会」は東証Ⅰ部上場、創立40年の全国規模の総合学習塾。制作・印刷・製本・データ処理まで社内一貫体制で、情報管理面でも安心です。

SATメニュー

仕様(コード) 名称 科目数 構成
標準仕様(SAT-R) SAT Regular Pack
サット レギュラーパック
3科目 試験内容は御社独自オリジナル構成でご提供。
(試験時間・出題レベル・科目など、ご要望に合わせて構成)
標準データ処理(実施後、約10日後に結果を納品)
標準仕様(SAT-S) SAT Special Pack
サット スペシャルパック
5科目

初回導入の企業様向け「特別価格版」 お試し導入に最適なプランです。
仕様(コード) 名称 科目数 構成
標準仕様(SAT-SP) SAT Service Pack
サット サービスパック
3科目 初回導入企業様限定。試験コストをさらに低減。
SAT Regular Pack(SAT-R)と同一構成

SAT共通の特徴

試験問題の構成を、オリジナル化できます。たとえば、『小学校算数の問題を多くしたい』『○○県の地理問題の割合を増やしたい』『英語のボキャブラリーを試したい』『論理的思考力を重視したい』『自然科学分野の問題の配点を高くしたい』『一般社会常識中心に試験したい』など、多様なご要望にお応えします。

試験時間・問題分量を調整できます。試験時間と問題分量のバランスで、『処理スピードの速さを試したい』『じっくり考える論理的思考力を見たい』といった、各企業様が求める人材の発掘に役立つカスタマイズ設定ができます。

データ処理もご要望にお応えします(経費はご相談)。標準実施は、約10日後に結果を納品いたします。

【レベル】と【分野】

実施スケジュール

標準仕様版(SAT-S/R)を100名程度でお申し込みの場合のイメージ

※採用試験実施日の約1ヶ月前のお申し込みでスムーズに納品できます。

導入実績

これまでに、大手通信会社・大手鉄道会社等での導入実績もあり、好評を頂いています。
40年間、学習塾として積み上げてきたノウハウが、良質な問題と絶妙な問題配列を可能にしています。

お問合わせ

進学会 SAT事業推進部

担当/辻口 賢
TEL:011-863-5561
FAX:011-865-1526

WEBサイトからのお問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら
ページの先頭へ