こうすれば予習の効果は倍増!!
英語・国語英語の本文は一行空けて書こう 数 学家でも時間を計って問題を解こう
英語は「教科書を暗記すれば定期試験は100点採れる」といわれるほど、本文が大切です。正確にノートに写しましょう。 一行空けて書いておくと、塾で先生が教えてくれた重要ポイントなどを書き込みことができるので便利です。
国語も、英語の時間に予習が出されますが、意外と答え合わせをしっかりやっていない人が多いですね。 解答だけでなく、解説もしっかりと読んでおきましょう。

数学に強くなるためには、「より速く解く」練習を、ふだんからしておく必要があります。 ですから、家での予習でも、30分かかるところを20分で時間を計ってやってみるのです。 集中力がつき、短時間でできるようになれば、それだけこなせる量も増え、しかも見直しの時間をタップリととれてケアレスミスも防げます。
理科・社会まとめやサブノートの理解を
テキストの問題だけをやってきている人はいませんか。 問題は特に重要なところを中心に出題していますが、すべての内容をカバーしているわけではありません。 ですから、まとめやサブノート形式の穴うめ問題もしっかり確認しておきましょう。

もどる