成績アップの決め手はノート
「理科」編

理科は、実験・観察を最大限に活かそう!

その1.
理科の最大のポイントは、実験・観察に積極的に取り組むこと。教科書を読んで、実験・内容の疑問点を書き出してみましょう。 また、予習段階でわかる実験結果の予想も立ててみましょう(左図参照)。

その2.
先生の板書だけではなく、実験器具や観察結果の図やグラフも書いておきましょう。 でも、図に夢中になって説明を聞き逃さないように注意しましょう。

その3.
復習では、授業でとったノート・メモ、教科書をもとに自分なりの整理ノートを作ると効果的です。 結果や理由を表にまとめたり、グラフを作成するなど見やすくすると、テストはもちろん入試直前まで使えるノートになりますよ。

もどる